嚥下障害と咳嗽


嚥下障害と咳嗽

咳嗽は気道の浄化における重要な防御機構であり、十分に強い咳噺は、嚥下障害を有する患者の誤嚥リスクを抑制します。
血管障害患者(SPD)の最大咳流速(PCF)の維持には呼吸機能特に予備吸気量(IRV)が重要であるとの報告がされています。
最大咳流速(PCF)を維持・改善するためには通常の訓練に加えて吸気の有効性を高めるためのトレーニングを早い段階から開始することが重要であると言われています。

当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法