乱数生成(random number generation)

乱数生成(random number generation)

模擬において不確実な現象の一つが生じることの代替手段として、乱数を生成させて用いることがある。確率が一様である場合には一様乱数を用いる。確率事象が一様でない分布になるなら、それぞれの分布曲線に合せた乱数を用いる。一様乱数を生成した後にそれを分布関数やファジー関数で加工してもよい。 例えば、記憶が時間とともに薄れていくという現象は、「Y=一X+1」という単純な分布関数に合せて0~1の範囲の乱数を生成してもよい。乱数生成はコンピュータのプログラミング言語が関数として用意しているし、除算などで自分で生成してもよい。