拘縮 contracture


拘縮(contracture)とは、皮膚、骨格筋、腱、関節包、靱帯など、関節周囲に存在する軟部組織の器質的変化に由来したROM制限を言いますが、その発生初期段階の責任病巣の中心は骨格筋にあると言われています。そして,拘縮発生時の骨格筋は「硬く、伸びない」と感じ取られることが多いですが、これは筋長の短縮と伸張性低下が生起しているためであり、特に後者は拘縮の進行と関連があります。

当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法