発話明瞭度の評価尺度


発話明瞭度とは「発話の了解度(understand ability of speech)」と定義され口頭コミュニケーションの伝達能力の程度を示すものであり,一般に発話機能の総合的な重症度を判定する指標とされている。.

発話明瞭度の評価尺度
1.よくわかる 
1と2の間 
2.時々わからない語がある程度 
2と3の間 
3.聞き手が話題を知っているとどうやらわかる程度 
3と4の間 
4.時々わかる語があるという程度 
4と5の間 
5.全く了解不能 

当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法