脳梗塞後遺症に治療薬=骨髄幹細胞 で神経再生—3年後の実用化目指 す・札幌医大 ウォール・ストリート・ジャーナル日 本版

札幌医科大学は8日、半身まひや失語 症など脳梗塞の後遺症を改善する世界 初の細胞製剤を実用化するため、臨床 試験を始めると発表した。患者本人の 骨髄液から特定の幹細胞を採取し、大 量に培養して静脈に投与、神経を再生 する。3年後の実用化を目指すとして いる。

詳しくはこちら↓
脳梗塞後遺症に治療薬=骨髄幹細胞で神経再生—3年後の実用化目指す・札幌医大 - ウォール・ストリート・ジャーナル日本版