在職中にもし高次脳機能障害になった場合どうするか

在職中にもし高次脳機能障害になった場合、まずは元の会社への復帰を目指すことをお勧めしています。転職は容易ではありませんし、転職したとしても全く経験がない新しい仕事や人間関係に適応するのはたいへんです。ですから、まずは元の会社に戻ることを目指します。その場合、必ずしも従前の職務にこだわらず、会社側と相談しながら無理なくできそうな仕事を探しましょう。休職中は健康保険から傷病手当金が支給されます。傷病手当金の支給期間は1年半ですから、家計のことを考えると、傷病手当金の支給期間内に職場復帰の取り組みを行うことが必要です。

※国民健康保険では傷病手当金が支給されないことがほとんどです。