脳卒中超急性期の栄養管理

脳卒中超急性期の栄養管理

推奨
1.高血糖または低血糖はただちに是正すべきである(グレードB)。
2.低栄養例では十分なカロリーや蛋白質などの補給が推奨される(グレードB)。

エビデンス
糖尿病の既往がない例で、急性期の高血糖は予後不良の要素となる。(Ⅱa)。
ラクナ梗塞以外の脳梗塞では高血糖は臨床症候を悪くする(Ⅱa)。
入院時に低栄養があり、嚥下障害がない例では、経腸補助食で通常の食事よりも多くカロリーや蛋白質を摂取したほう
が予後が良い傾向にある(Ⅰb)。
入院時の高血糖は、血栓溶解療法施行を含む虚血性脳卒中患者の予後不良因子である(Ⅱa)。
入院時の低栄養は、肺炎などの合併症を有意に増加させ、また入院1週間後の低栄養も独立した予後不良因子であった(Ⅱb)。


当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法