ADLとIADL


ADLとIADL

ADL(Activities of Daily Living)は、一般的には『日常生活動作』と訳される。
具体的には、食事や排泄、整容、移動、入浴等の基本的な行動を指す。
リハビリテーションや介護の世界で一般的に使われている用語の一つで、要介護高齢者や障がい者等が、どの程度自立的な生活が可能かを評価する指標としても使われる。
ADLはとても重要な概念であり、ADLが自立しているという場合、普通は介護を必要としない状態であると考えることができる。

IADL(Instrumental Activity of Daily Living)は、『手段的日常生活動作』と訳され、日常生活を送る上で必要な動作のうち、ADLより複雑で高次な動作を指す。
例えば、買い物や洗濯、掃除等の家事全般や、金銭管理や服薬管理、外出して乗り物に乗ること等で、最近は、趣味のための活動も含むと考えられるようになってきている。
高齢者の生活自立度を評価する際、ADLだけではなく、IADLも考慮することが大切だと考えられている。

当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法