小脳性運動失調評価法 SARA日本語版

小脳性運動失調評価法 SARA日本語版


小脳性運動失調の総合的な評価法として、SARA は半定量的な評価が可能であり、重症度や治療効果の判定に有用なツールである。

評価手法も、一般的な神経学的評価手技を用いているため、同一評価者内および評価者間での評価のばらつきが少ないことが報告されている。

また、ICARSの評価項目が19項目であるのと比較するとSARA8項目と少なく、臨床的にも簡便に使用可能な評価尺度といえる。

SARA評価表はこちら↓


当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法