尿蛋白 基準値

尿蛋白

基準値(-)

陽性の時は、腎炎などの腎疾患が疑われますが、黄疸や高熱など、また各種の疾患や激しい運動後でも陽性となることもあります。
当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法