ピロリ菌と胃がん発症の関係解明 -医療介護CBニュース - キャリアブレインキャリアブレイン

慶大医学部内科学(消化器)の鈴木秀 和准教授らの研究グループは、ピロリ菌感染から胃がん発症に至る直接的な関係と発症の仕組みを解明した。胃がんの危険因子とみられるピロリ菌が作 る毒素の「CagA」と呼ばれるタンパ ク質が、がん幹細胞内にため込まれ、 安定的に存在 ...

詳しくはこちら↓
ピロリ菌と胃がん発症の関係解明 - 医療介護CBニュース - キャリアブレイン - キャリアブレイン