若年性認知症の原因病、遺伝子で診断 信大グループが国内初 - 47NEWS

若年性認知症の原因となる病気の一つで、これまで死後の解剖でしか報告がなかった「軸索腫大(しゅだい)を伴う遺伝性びまん性白質脳症」(HDLS)について、信大医学部(松本市)のグループが国内で初めて、遺伝子診断で患者を生前に特定したことが29日、分かった。

詳しくはこちら↓

若年性認知症の原因病、遺伝子で診断 信大グループが国内初
47NEWS