VEの有用性

VEの有用性

1.手軽に時間的制約なしに評価可能。
2.通常の食品を摂食状態が評価できる。
3.咽頭・喉頭の粘膜や組織の状態が評価できる。
4.唾液誤嚥・唾液貯留が評価できる。
5.感覚評価が可能。


VE:嚥下内視鏡検査
当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法