嚥下障害に対する訓練のポイント

嚥下障害に対する訓練のポイント

1、理学的所見、神経学的所見、VFなどにて、摂食嚥下機能を評価し、いくつかの問題点に対し目標をしぼり間接訓練を行う。

2、的確なリスク管理を行う。

3、チームアプローチで進める。

4、VFにて著しい誤嚥のない条件を確認し、摂食を開始する。(直接訓練)
当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法