嚥下障害のハイリスク患者

嚥下障害のハイリスク患者

・肺炎を繰り返す
・全身状態不良
・低栄養
・他の疾患で多量の服薬
・原因不明の体重減少
・向精神薬、抗痙攣薬、睡眠薬の服用
・70歳以上の高齢者でADLが低い
・嚥下障害スクリーニングテストが陽性
当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法