日本版modified Rankin Scale(mRS)脳梗塞 判定基準書

日本版modified Rankin ScalemRS脳梗塞 判定基準書

0 まったく症候がない
自覚症状および他覚徴候がともにない状態である

1 症候はあっても明らかな障害はない
日常の勤めや活動は行える
自覚症状および他覚徴候はあるが、発症以前から行っていた仕事や活動に制限はない状態である

2 軽度の障害
発症以前の活動がすべて行えるわけではないが、自分の身の回りのことは介助なしに行える
発症以前から行っていた仕事や活動に制限はあるが、日常生活は自立している状態である

3 中等度の障害
何らかの介助を必要とするが、歩行は介助なしに行える
買い物や公共交通機関を利用した外出などには介助を必要とするが、通常歩行、食事、身だしなみの維持、トイレなどには介助を必要としない状態である

4 中等度から重度の障害
歩行や身体的要求には介助が必要である通常歩行、食事、身だしなみの維持、トイレなどには介助を必要とするが、持続的な介護は必要としない状態である

5 重度の障害
寝たきり、失禁状態、常に介護と見守りを必要とする
常に誰かの介助を必要とする状態である


当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法