ALSの原因たんぱく質を解析 日英が共同研究 - 日本経済新聞

東京都医学総合研究所や筑波大学など日英の共同研究グループは、思うように体が動かなくなる神経系の難病、ALS(筋萎縮性側索硬化症)や若年性認知症などの原因たんぱく質の詳しい解析に成功した。このたんぱく質は脳や脊髄の神経細胞にたまるが、種類が同じでも、 ...

詳しくはこちら
ALSの原因たんぱく質を解析 日英が共同研究
日本経済新聞