アルツハイマーには運動療法が有効、京都大学がメカニズム解明


高齢化が進む日本では、200万人異常の認知症患者が確認されており、その中でもアルツハイマー型の認知症は進行を止める治療薬がないため、介護負担の面からも社会問題になっている。 今回、研究チームはアルツハイマー病のマウスを使い食事や運動、教育といった項目を介入されることで ... 東京薬科大 ...
詳しくはこちら