ユニバーサルデザイン(universal design)

ユニバーサルデザイン(universal design)

ロナルド・メイスが1985年忌提唱した概念で、「改造や特別な設計をすることなく、できる限り幅広くすべての人々が利用可能であるデザインにすること」が基本コンセプトであり、デザイン対象を障害者に限定せず、従来のデザインで不便を感じていない健常者の利用性を損なわない点が一般に言われる「バリアフリー」とは異なる。


当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法