診断群分類 DPC:diagnosis procedure combination

診断群分類 DPC:diagnosis procedure combination

DPCとは診断群分類のことで、医療費の定額支払い制度はDPCによって診断群分類包括評価され決められます。
すなわち患者さんが何の疾患であったかによって診療報酬が決まる制度であるのです。
この制度下では最初から診断結果に対する診療報酬が決められており、実際にかかった医療費は後から経費として
差し引かれます。
これにより、短期間で回復した場合は診療報酬から治療にかかった経費を差し引いた分だけ利益となるが、回復に長期間を要した場合は診療報酬の上限額を越えた分だけ赤字になってしまいます。
このように、診断群分類 DPCは、医療の無駄をなくし、患者さんにメリットがあるように考えられた制度なのです。
当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法