塩析効果(salting-out effect)

塩析効果(salting-out effect)

 塩析とは、水溶液に電解質(塩)を大量に加えて物質を析出させることである。
タンパク質やコロイド粒子の析出によく利用される方法.本稿で言う「塩析効果」とは塩析の手法を高分子の不溶化(溶解度低下)に応用したもので、塩の添加により、高分子を水和している水分子が引き抜かれてしまう結果、高分子の溶解度が低下する。