口腔乾燥症

口腔乾燥症

唾液分泌能の低下、脱水、薬剤の副作用、シェーグレン症候群などの全身疾患、放射線療法、鼻疾患や意識障害などによる口呼吸、心因性のものなどがあります。

口腔乾燥症は原因の特定が難しく、原因がわかっても、唾液分泌機能を改善する事は困難といわれています。まず脱水を疑い、水分を十分に補給して下さい。

次に多くの薬剤が口腔乾燥を引き起こす副作用をもっているので、薬剤について検討します。

他口腔ケアを行うとブラッシングによる刺激で、唾液の分泌量の増加が期待できます。
また、唾液腺(耳下腺、顎下腺)周囲のマッサージも有効です。
人工唾液(水やお茶で代用可)を噴霧して口腔内の湿潤化をはかり、マスクをして乾燥を防ぐ方法もあります。

経口摂取していない場合は、摂食訓練を開始すると改善が期待できます。