健康食「ヘルシーおかず」配送へ

健康食「ヘルシーおかず」配送へ

帯広近郊の世帯に夕食を宅配する「コープ協同サービス」(帯広市西18南1、倉持泰子代表)は7日、カロリーや塩分を制限した健康食「ヘルシーおかずセット」(1食630円)の配送希望者の登録を開始する。ご飯や汁物を抜き、既存の高齢者向け宅配メニュー(同850円)より安価なのが特徴。高血圧や糖尿病などで食事制限がある人や、多忙で生活習慣が乱れている人などを対象に21日から配達する。

配達時間は月−土曜日午後3時〜同5時半(時間指定はできない)。おかずセットは日替わりで、350キロカロリーに抑え、一般と減塩の2種類から選べる。塩分量は一般が2・5〜3・0グラムで、減塩タイプは2・0〜2・5グラム。特注の容器を使用し、夏の高温や冬の低温下でも食品の劣化を避ける工夫もしている。

配送は登録制で、週1回からの定期宅配のほか、希望日のみの利用もできる。対象地域は帯広全域と音更、芽室、幕別町札内の一部。申し込むと管理栄養士が自宅を訪問し、健康状況を把握した上で登録・配達する。事前にチケット(10枚つづり1冊6300円)を買う必要がある。

また既存のご飯と汁物付きの夕食宅配サービスは、希望者の健康状態に合わせた具材に配慮。(1)一般食(2)糖尿病食(3)減塩食(4)透析食−に分け、おかゆや肉無し、具材の刻みなど細かい注文の相談にも応じる。

市の高齢者夕食宅配サービスを受託していることもあり、自宅で倒れている独居世帯の高齢者を救うケースも多く、安否確認にもつながっている。倉持代表は「コンビニ弁当より薄味だが、単身の転勤者や介護疲れで骨休めしたい人にはお薦め」と話す。登録の申し込みは同社(0155・33・9582)へ。
http://www.tokachi.co.jp/news/201205/20120505-0012498.php
より

いいサービスですね。