ブローカ失語 特徴

ブローカ失語


特徴
・非流暢な発話
・復唱は不良
・聴覚的理解が発話と比べ良好

・発話量が減少する
・努力性な発話となる
・単語~短文レベルの表出となる
・重度の場合は常同言語となる
・実質語が多くなり、単純化する
・発語失行(失構音、アナルトリア)と伴うことが多い
・系列語、歌唱は可能なことが多い
・「わかりません」「そうだね」「ありがとう」など自動的発話は比較的スムーズ
・錯語あり、音韻性錯語が主だが、意味性錯語もある
・語頭音ヒントが有効なことが多い
・表出のに気づく傾向があり、「違う」といって取り消すことがある

・書字は口頭での表出と同レベルで障害されることが多い

・助詞のストラテジーレベルでは理解しにくい

・観念運動失行、口舌顔面失行を伴いやすい