MMT 徒手筋力検査

MMT 徒手筋力検査


5(Normal)


運動範囲全体に渡って動かすことができ、最大の徒手抵抗に抗して最終運動域を保持できる。

4(Good)


運動範囲全体に渡って動かすことができ、中等度~強度の徒手抵抗に抗して最終運動域を保持できる。

3(Fair)


運動範囲全体に渡って動かすことができるが、徒手抵抗には抗することができない。

2(Poor)


重力の影響を除いた肢位でなら、運動範囲全体、または一部に渡って動かすことができる。

1(Trace)


筋収縮が目に見える、または触知できるが、間接運動はおこらない。

0(Zero)


筋収縮・関節運動は全くおこらない。


MMT(Manual Mascle Test:徒手筋力テスト)は臨床場面で多く用いられる筋力検査法です。

上記、6段階で評価します。

長所としては、器具などを使わず簡便に行う事ができ、臨床で筋力を大まかに把握するのに有効なところです。

短所としては、MMTは技術の熟練が必要だと言われ、データとしては検査者の主観的な判断による部分が大きく、他の検査者が行ったデータとの比較には再現性がないなどの弱点があります。

評価用紙は下記サイトからダウンロードできます。

参考動画はこちら↓



MMTの注意点


MMTを実際に行うとき、検査者が気をつけるべき3つの大きな注意点は3つあります。

①抵抗


抵抗のかけ方はMMTの信頼性を大きく左右するものです。 まず守るのは、いつも同じ手で行い(利き手)、抵抗力は同じようになるよう心がけます。このときに体重は乗せない様に気をつけることが大事です。

②固定


固定に関しては、運動させる関節に対して「中枢固定・末梢抵抗」が基本となります。

③ポジショニング

ポジショニングは同じ体位で出来るものはまとめて、被検者に体位変換などの負担をかけないようにします。


当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法