摂食・嚥下障害患者における摂食状況のレベル

摂食・嚥下障害患者における摂食状況のレベル

この評価基準は「している」をそのまま評価します。
嚥下造影や内視鏡検査が行えない施設や在宅でも使用可能です。

【経口摂取なし】
Lv.1 :嚥下訓練を行っていない
Lv.2 :食物を用いない嚥下訓練を行っている
Lv.3 :ごく少量の食物を用いた嚥下訓練を行っている

【経口と代替栄養】
Lv.4:1食分未満の嚥下食を経口摂取しているが代替栄養が主体
Lv.5:1-2食の嚥下食を経口摂取しているが代替栄養が主体
Lv.6:3食の嚥下食経口摂取が主体で不足分の代替栄養を行っている

【経口のみ】
Lv.7:3食の嚥下食を経口摂取している代替栄養は行っていない
Lv.8:特別食べにくいものを除いて3食経口摂取している
Lv.9:食物の制限はなく、3食を経口摂取している

【正常】
Lv.10:摂食・嚥下障害に関する問題なし (正常)

藤島一郎,大野友久 他:「摂食・嚥下状況のレベル評価」簡便な摂食・嚥下評価尺度の開発.リハ医学43:S249,2006

http://www.healthy-food.co.jp/reaflet.pdfより参照