唾液腺

唾液腺

唾液腺には3つの大唾液腺(耳下腺・顎下腺・舌下腺)と多数の小唾液腺があります。
唾液腺はその名の通り唾液を分泌します。

大唾液腺は口腔内に開口する管を持ち、唾液を管を通じて口に流出します。
ガーゼなどで拭いた後その腺を軽くマッサージすると唾液が出てくるのが観察されます。


唾液腺により、唾液の性状が異なります。

耳下腺は純漿液腺。プチアリン(消化酵素)が分泌され消化が主とされています。
耳下腺は第2臼歯の歯冠の高さで、その対岸にある耳下腺乳頭で口腔前庭に開口します。


顎下腺舌下腺は漿液と粘液の混じった混合腺を分泌します。ムチンが多くプチアリンが少ない。食物を湿潤化し、粘膜を保護します。(顎下腺は大部分が漿液性であり、少部分のみ混合性


小唾液腺は口腔内の粘膜に広く分布し、口唇、口蓋、舌の裏側などに見られ、唾液の出口が粘膜に開いています。

唾液のはたらきは口腔全体を湿潤化して食べ物を飲み込んだり、話す時の潤滑油として作用するほかに口腔の清浄作用、食塊の形成、消化作用、抗菌作用などがあります。 
唾液がなくなると、食べ物が口の中で上手くこなれず、飲み込むことが出来ません。
会話がスムーズにできず、虫歯も多くなります。

http://yaplog.jp/cv/satou-dc/img/22/img20071018_p.jpg

http://www.yamasaki-dental.com/dry/zu.jpg


http://www.oralstudio.net/education/illust/img/ill001_009.gif