アンカー強調嚥下法



アンカー強調嚥下法

アンカー強調嚥下法とは,舌と硬口蓋とが接触しアンカーが形成されることを意識化させ、舌根運動障害に対して、舌根運動の補強と嚥下圧の上昇が期待できる。

実際に自分でおこなってみると、舌尖を上切歯付近から歯茎部に押し当てると飲み込みやすい気がする。結果的に、舌と硬口蓋の接着面が増し、そのアンカーにより喉頭が前上方向に誘導されるからではないかと考えた。