口腔、咽頭および喉頭の位置と正常嚥下運動

口腔、咽頭および喉頭の位置と正常嚥下運動

基本的な解剖、各器官の相対的な位置の把握はVF(嚥下造影検査)などの評価で重要となります。
正常な、位置関係を把握し、それと異なる所見をみつけることが大事だと思います。

舌骨の位置:第3頚椎(C3)
喉頭蓋谷の位置:第3頚椎(C3)~第4頚椎(C4)
食道入口部の位置:第5頚椎(C5)

また、正常な嚥下動態を把握することは、とても重要となります。
覚えておきましょう。

当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法