言語くん自立編2

言語くん自立編2
助成が受けられる唯一の失語症言語訓練器!!

株式会社 シマダ製作所

助成が受けられる唯一の失語症言語訓練器!!「言語くん自立編2」

「言語くん自立編2」は、脳卒中や交通事故などの後遺症で、言葉が出にくくなった人がお使い頂く商品です。
自立支援用具としての助成対象商品です。
唯一の会話補助&失語症訓練器「言語くん自立編2」は、指先タッチで簡単に操作可能です。
手帳サイズですので、場所を問わずいつでもどこででも気軽にお使い頂くことができます。
特に病院を退院し、自宅復帰された方にお使いいただきたいコミュニケーション&言語訓練器です。

【機能】
◆便利な50音会話補助機能
・あらかじめ作成した文章を無制限に登録できます。
・文字数にも制限がないので単語だけでなく、長い文章も登録できます。
・伝えたいときに登録した文字にタッチすれば音声で相手に伝えてくれます。
・音声は男性・女性の2種類から選択できます。
・読み上げる音声の速さは7種類から、読み上げる音声の高さは5種類から選択できます。
・登録した単語や文章は、順番を自由に変更して並べ替えることが可能です。
◆言語訓練機能
病院のリハビリ訓練で使用したエスコアールの絵カード2001から、基本的な絵カード語彙を750枚使って訓練します。(2~9文字、2語文、3語文)
・訓練画面では、「絵を見て名前を言う」、「ノートに書く」訓練が基本になります。
・ヒントに触れて語頭を聞く、文字に触れて漢字、かなを読む、絵に触れてお手本音声を聞き、復唱するなどの操作を「自分で進めることが出来る」ようになっています。
◆唄機能
誰でも歌ったことがある50曲の唱歌メロディーでカラオケが楽しめます。
◆計算機能
・1桁、2桁、3桁の選択、+、-、×、÷の選択、問題数の選択をします。
・問題が出たら、紙に書いて計算し、答え合わせは、画面右の空白に触れて答えを見ます。
・計算のプログラムは紙に書くこと、計算して答え合わせができることを想定して作ってあります。
【Aさんの訓練の様子】
http://www.youtube.com/watch?v=BRDancPSdkQ&feature=player_embedded
・1日40分を目標に自主訓練をしました。
・3モーラから始め、先ずは書く、書いた文字を音読、その後呼称訓練、これらを一定のパターンで繰り返し行いました。

【Aさん症例紹介】
平成19年3月31日脳梗塞により右片麻痺と失語症を発症、回復期リハ病院で集中的な言語訓練と退院後の外来で言語訓練が終了し2年が経過した症例です。
右下肢は、一本杖にて自立、失語症は重篤な障害が残存していました。

【WAB失語症検査結果】
平成21年3月より「言語くん」を使用、1か月後にWAB失語症検査を実施。
結果、混合性失語が認められました。
自発話:感情後「ちくしょうー」や常套語「いや・そうそう」が中心。
復唱:2~4モーラの高頻度。
呼称:重篤。
以降3か月ごとに実施。


【結果と考察】
・失語症は、発症後年数が経過しても、本人に「やる気を起こさせる環境」を提供してあげることにより短期間でも改善していくものと思われます。
・特に中等度~重度な失語症の場合、回復期病院を退院後、外来でのフォローも時の経過とともに減少し、失語症状も固定化して行きます。
・このケースの場合、「自立編2」を用いたことで再度「やる気」(心が動き)が起こり脳の可塑性、言葉の生成等に繋がったものと考えます。

【価格・給付申請】
価格:138,700円(税込)
・携帯用会話補助装置の最大給付額は、98,800円です。
・商品との差額分(138,700円‐98,800円)39,900円がお客様ご負担額となります。
・給付を受けるには、身体障害者手帳が必要です。
(市町村によっては音声言語記載も必要な場合があります)

【言語くん自立編Ⅱ展示場所】
東京都障害者IT地域支援センター:http://www.tokyo-itcenter.com/index.html

■使用端末:アンドロイドタブレットCAMANGI FM600(7インチ)
WiFi環境下でネット接続ができます。
■自立編ⅡURL:http://gengokun.com/
■設立:1970年7月
■資本金:45,000,000円(2012年3月現在)
■代表者:嶋田 馨 (代表取締役 社長)
■事業内容:失語症言語訓練補助装置「言語くん」、遠聴支援機「みみ太郎」の開発・製造・販売

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社 シマダ製作所
〒379-0204群馬県富岡市妙義町行沢264-1
担当:嶋田真弓
TEL:0274-73-3044 FAX:0274-73-3131
E-mail:info@gengokun.com