複数回嚥下(空嚥下)


複数回嚥下 (空嚥下)

複数回嚥下(空嚥下)とは、一口につき 2 回以上嚥下することで咽頭残留を除去し、嚥下後の誤嚥を防止する方法。

主な対象者
咽頭残留を認める(疑われる)場合複数回嚥下(空嚥下)が対象となる。

具体的方法
一回嚥下した後、咽頭残留感の有無にかかわらず、度以上の複数回の空嚥下をしてもらう。

注意事項
自覚的には残留感がない場合も多いので、VF  VE での評価や嚥下後の湿性嗄声で適応を判断する。