身体障害者手帳について

STに関する障害者等級は以下のとおり。
臨床を行っている中で意外と忘れがち。
特に、回復期リハなどでは、「音声機能・言語機能またはそしゃく機能障害」
の項目を意識する必要があると感じた。
























詳しくは、

など参考にしてください。