バイオフィードバック

バイオフィードバック(Biofeedback

意義
通常は意識しない生体の現象を、工学的機器などにより、主に視覚や聴覚で感知できるようにすることで、フィードバックの情報として提示し、その現象をコントロールしようとする行為。
摂食・嚥下リハビリテーションの分野では、
嚥下内視鏡を用いて、喉頭運動を目視しながら声門閉鎖とそのタイミングを訓練する方法
表面筋電図を用いて喉頭挙上筋群の筋活動を視覚あるいは聴覚で感知できるようにして喉頭挙上を強化する方法
圧センサーを用いて舌圧をモニター、視覚化して舌の筋力強化訓練を行う方法
などがある。

主な対象者
認知機能に問題のない摂食・嚥下障害、喉頭閉鎖障害、喉頭挙上障害、舌運動障害などに施行した報告がある。

具体的な方法・注意点など
目的とする生体現象による。



日本摂食・嚥下リハビリテーション学会より参照。