努力嚥下

努力嚥下、エフォートフルスワロー(Effortful swallowHard swallow

意義
力を入れて飲み込むことにより、舌根部の後退運動を強め、喉頭蓋谷への残留を減少させる。

主な対象者
舌根後退運動が低下し、食物が喉頭蓋谷に残留する患者。

具体的方法
舌に力を入れ口蓋に強く押しつけながら嚥下する。嚥下に関するすべての筋肉に力を入れて絞り込むように飲み込む。実際に食塊を用いる場合は、食塊を上後方へ送り込むことを意識させる。

注意点など
血圧上昇など。



日本摂食・嚥下リハビリテーション学会より参照。