のどのアイスマッサージ

のどのアイスマッサージ

凍らせた綿棒に水をつけ、前口蓋弓のみならず、舌根部や咽頭後壁の粘膜面を軽くなぜたり、押したりして、マッサージ効果により嚥下反射を誘発する方法である
Thermal stimulation ないし tactile-thermalor thermal-tactilestimulationor applicationとは異なる手技である。

主な対象者
随意的嚥下ができない患者全般。意識が低下している、指示に従えない、開口してくれない、などの患者にも実施可能。基礎的嚥下訓練としてばかりでなく、摂食前の準備として、あるいは食事中に動きが止まってしまったときの嚥下誘発にも広く用いられている。

具体的方法
前口蓋弓からgag が消失している患者では、舌根部から咽頭後壁を凍らせた綿棒に水をつけて刺激し、その直後に空嚥下を促す。

注意点など

咽頭反射(gag)が強い場合には行わないこと。綿が棒からはずれないようにしっかり巻き付けた綿棒を使用すること。
















http://www.shikayobou.com/training/img/seventh/zu3.gif


日本摂食・嚥下リハビリテーション学会より参照。