頸部可動域訓練 嚥下訓練

頸部可動域訓練 嚥下訓練


頸部拘縮の改善,予防および頸部のリラクセーションを目的として行う。

対象者

脳血管障害、パーキンソン病、頭頸部癌術後等で頸部可動域制限の認められる患者、高齢者全般。

具体的方法

臥位または座位の体幹が安定した姿勢で行う。
患者自身でできる場合は患者自身で頸部の屈曲伸展(前後屈)、回旋、側屈を行う。
患者自身では最終域まで動かない場合および患者自身では頸部可動域訓練ができない場合は、術者が徒手にて痛みを生じない範囲で頸部を各方向へ介助および訓練を行う。ホットパックなどの温熱療法やマッサージを併用すると、筋肉のリラクゼーションや疼痛軽減が図れる。

注意点

頸椎症や頸部脊柱管狭窄症などの頸椎疾患患者への伸展(後屈)および回旋は、控えるもしくは眩暈やしびれなどの症状に注意する。
温熱療法を併用する場合は、やけどに注意する。

日本摂食・嚥下リハビリテーション学会より参照。


当サイトのおすすめ記事↓
PTOTSTがこっそりと匿名で転職活動を行い転職を成功させる方法